ニュース

画像解析ソフト「AccuSmart Vision」を警察・検察等公的捜査機関向けに発売

2012年3月16日

当社グループのNK ワークス株式会社(本社:和歌山県和歌山市梅原)は、自社開発の画像処理技術「AccuSmartTM(注)」および超解像技術を活かした画像解析ソフト「AccuSmart Vision」を警察・検察等公的捜査機関向けにリリースいたしました。

 

[AccuSmart Visionの特徴]

「AccuSmart Vision」は、業界初の警察・検察等公的捜査機関に向けた画像鮮明化作業に特化したソフトです。
写真業界トップレベルの画像処理技術により、あらゆる防犯カメラのあらゆるシーン(動画・静止画)をワンステップで自動的に鮮明化することができます。同時に、超解像技術や動体抽出など、プロのニーズに応える様々な機能に加え、捜査フローに応じたきめ細かな調整も可能です。画像鮮明化の全ての操作フローを含んだオールインワンソフトウェアとなっており、作業効率が飛躍的に向上します。

 

■プロのニーズに応える様々な画像鮮明化機能

1. 1 フレーム超解像
ピンボケや手ぶれなどを自動解析し補正します。シャープネスやコントラスト調整とは一線を画した 鮮鋭な画像に変換することができます。

011フレーム超解像_s.jpg

2. 複数フレーム超解像
1 フレームでは、細部が見分けにくいシーンでも複数フレームを重ね合わせることで、鮮明な画像を得ることができます。鮮明にしたい対象を指定すると、各フレームの位置を自動調整し、重ね合わせる処理を行います。

02複数フレーム超解像_s.jpg

3. 動体抽出
目視で見つけることが難しい暗所シーンや霧の中の移動物体などを自動抽出し、動画のまま確認できます。

03動体抽出_s.jpg

4. 自動補正
シーンを自動解析し、明るさ、コントラスト、タングステンや蛍光灯下で発生する色かぶりなどを総合的に補正し、画像を鮮明にします。

04自動補正_s.jpg

5. 高コントラスト補正
逆光や白飛びが発生している高コントラストシーンに対して、暗い領域、明るい領域を自動抽出し、それぞれを最適な明るさに補正します。

05高コントラスト補正_s.jpg


6. 低コントラスト補正
霧、霞がかったような低コントラストシーンに対して、明るさコントラストを自動補正し、対象物の輪郭をはっきりとさせ、画像を鮮明にします。

05低コントラスト補正_s.jpg


■警察・検察等公的捜査機関の画像解析作業に特化したオールインワンソフトウェアで作業効率がアップ

1. 従来、複数のソフトを用いて処理していた画像解析作業が、「AccuSmart Vision」1つで可能となります。
    ・取得・・・各種画像フォーマット(静止画、動画)からの画像データの取り込み
    ・編集・・・画像解像度変更、インタレース解除、トリミング、文字挿入・モザイク処理など
    ・補正・・・自動補正、ノイズ除去、シャープネス、超解像など
    ・出力・・・静止画ファイル・動画ファイルの出力、報告レポートの印刷など

2. レポート出力機能により、作業後のレポート作成をアシストします。
書類フォームの編集機能により、現在お使いのフォームに沿ったレポートとして、結果画像や処理履歴が印刷できます。

 

(注1)「AccuSmartTM」はNKワークス株式会社の商標です。